狙うは明石の鯛!

船に固定している釣り竿

全長53フィートの広々な快適大型船でのゆったり明石ジギング鯛ラバ便を探すなら当サイトをご確認ください。

最近はテレビでもジギングや鯛ラバをコーナーにした番組を増えています。

ちなみにジギングとはメタルジグよ呼ばれる疑似餌を海に沈め、それを何度もしゃくり上げる釣りです。
このジギングはかなり体力の使う釣りで「釣りの格闘技」なんて言われることもありそうです。

そして、そのジギングの派生ともいえるのが鯛ラバです。
これは鯛カブラと呼ばれる疑似餌を使います。針と重りに薄いヒラヒラとしたビニールやラバーを付け鯛を狙うのです。
鯛ラバという名前も土地によっては呼び方がことなり、鯛ラバの発祥と言われる関西(鳴門・明石)では鯛ラバと呼ばれますが、鯛カブラと呼ぶ地域もあるようです。

明石の鯛は日本一と言われるほど、味が良くアングラーだけでなく食通の方も好まれる魚です。
この明石の鯛を釣るために鯛ラバが考案され、いろいろな方に試されています。

鯛ラバの人気の秘密はなんといってもシンプルな釣り方で初心者でも鯛などの魚を狙えるということです。
仕掛けを放り込み、底についたら一定速度で巻き上げるだけです。

バス釣りなどのようにルアーに特殊をな動きを加える必要はあります。
一定速で巻き上げる、これだけなんです!

これさえ、できれば鯛を狙うことだってできちゃうんです。
大阪近郊の方であれば、良漁場の明石でジギングや鯛ラバを楽しめる船が出ていますのでそれらを利用するのもおすすめです。

お手軽に楽しめる「鯛ラバ」一度やってみませんか?

停泊している船

アウトドア感覚で楽しめる

管釣り、釣り堀。管理釣り場といった言葉をご存でしょうか?これは人工的に整備された釣り場で定められた料金を払い釣りを楽しめる設備などの名称です。家族連れやカップルの方たちに人気が出てきています。

うみねこ

記事一覧

「鯛ラバで四季折々の獲物を狙う!|やっぱり釣りが好き」の記事一覧です。